【個展】 -Reinigen- 浄化 三菱地所アルティアム(福岡)

会 期;2005年3月16日(水)~ 4月17日(日)
会 場;三菱地所アルティアム(福岡)

迷宮 塩 横6×奥行9m 個展 三菱地所アルティアム, 福岡 2005.3
空蝉 (↑地震前) 塩 高さ3×長さ6m(2.5t) 個展 三菱地所アルティアム 2005.3
空蝉 (↑地震後) 高さ2.5×長さ5.8m(2.5t)
ギャラリー展示風景 個展 三菱地所アルティアム, 福岡 2005.3

《空蝉》 – 地震による影響 –
3月20日に九州北部で起きたM7.0、福岡市内で震度6弱の地震により、《空蝉》左下が完全に倒壊しました。多くの塩のブロックが破壊されましたが、残ったものを使い、また多くの人々の助けを借りて、再び積み上げることが出来ました。現在はこのような形に生まれ変わっています。


「空蝉」の倒壊、再制作についてのコメント

 3月20日午前10時53分。私は実家のある広島で揺れを感じ、「どこかで大きな地震があったのだろうか」とテレビのスイッチを入れた。そして数時間後、「空蝉」全壊という連絡を受け、私は大きく動揺した。

 ところで私の作品には「迷宮」という作品がある。この作品は、良いことも悪いことも含めて全てを受け入れ、そのまま形にすることで出来あがっている。(右手最奥にある塩の迷路作品)
 今回の地震はまさに予期せぬ出来事だったが、避けることのできないことと受けとめて、これを活かした作品を再びつくることにした。今の私に出来ることは、それしかない。

 地震から数日後、新しい「空蝉」は多くの人々の助けを借りて完成した。一度崩れ、再び組み上げられた塩の階段は、以前に比べて低くなり、崩壊した部分も増えた。ほんの数日の間に、数十年、数百年という歳月が過ぎ去ったかのような印象さえ受ける。
 地震による倒壊によって、私が夢見る大切な記憶の場所との距離は一時遠のいた。しかし、今回のアクシデントを経て、過去へのアプローチは容易になったように思う。
 
 今回、大きなアクシデントに見舞われたが、ふたつの「空蝉」を制作できたこと、そして福岡の街に再来できたことを、今は嬉しく思っている。
 地震によって命を落とされた方のご冥福と、被災された方々の一時も早い復興を祈って。

3月26日
山 本 基


地震で倒壊した様子

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる