【終了】 「アーティスト・イン・レジデンス尾道」グループ展 インスタレーション / 尾道、広島

公開制作会期;2007年8月20日(月)~ 8月30日(金)
展覧会会期 ;2007年9月1日(土)~ 9月11日(火)
会   場 ;旧和泉家別邸 広島県尾道市三軒家町9-17 地図

故郷・尾道でのはじめての展覧会。8月中旬から1ヶ月間滞在し塩のインスタレーション作品「迷宮」を制作・展示しました。今回は「アーティスト・イン・レジデンス尾道」という滞在制作型の展覧会で、前半は公開制作を、後半は作品展示です。展示場所の旧和泉家別邸は、昭和初期に建てられた不思議な形の日本家屋です。

会場である民家の持ち主、ヨシマサさんが運営しておられるブログ
「尾道の空き家、再生します。」に公開制作の様子が掲載されました。
展覧会前から、作品の撤去までの記録が掲載されています。
迷宮 塩 旧和泉家別邸 アーティスト・イン・レジデンス尾道、広島 2007.8-9
2F洋室
1F(洋室の真下の部屋)
湿度の影響を受けて溶けた様子

会場の旧和泉家別邸は、昭和初期、尾道の山手地区に建てられた和洋折衷様式の日本家屋です。
この建物は、尾道らしい面影を残す建物として映画のロケに使われるなど親しまれています。

←会場
←チラシ

会場である民家の持ち主、ヨシマサさんが運営しておられるブログ「尾道の空き家、再生します。」に公開制作の様子が掲載されました。展覧会前から、作品の撤去までの記録が掲載されています。

主催;A.I.R.尾道実行委員会
共催;尾道大学
助成;野村国際文化財団、エネルギア文化スポーツ財団、朝日新聞文化財団
後援;尾道市、尾道市教育委員会、フランス大使館、尾道大学地域総合センター
協力;CREATIVE UNION HIROSHIMA、尾道空き家再生プロジェクト

参加アーティスト:クリスチャン・メルリオ(フランス/映像)、オオツカ・ノヴカ(イギリス/インスタレーション)、トリのマーク(東京/映像)、もうひとり(小野環・三上清仁によるユニット/写真&インスタレーション)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる