【開催中】奥能登国際芸術祭 2020+(珠洲・石川)

石川県の「まん延防止等重点措置」が解除され10月1日以降の公開が決定。また、11月5日迄の会期延長も決まりました。最新情報は芸術祭の公式ホームページをご確認ください。

また本ページの最下段に掲載している「芸術祭新聞-号外」が情報をコンパクトに網羅していて分かりやすいです。芸術祭にいらっしゃる方は是非ご一読ください。

奥能登国際芸術祭 2020+

石川県珠洲市で開催中の「奥能登国際芸術祭 2020+」に巨大なインスタレーションを出品。かつて保育所だった空間を贅沢に使って、壁面ドローイングや塩のインスタレーション作品を制作しました。
詳細は芸術祭の公式ホームページをご確認ください。

2021年9月4日(土) 〜 11月5日(金) 
・時間|9:30 〜 17:00
・定休|木曜日(11月4日は開館)

■ 展示場所:旧小泊保育所
・石川県珠洲市三崎町 17-33-1(金沢大学里山マイスター能登学舎・旧小泊小学校の隣です)
地図はこちらから

■ 鑑賞方法
「鑑賞パスポート」 または 「個別鑑賞券」 でご鑑賞頂けます。
・全作品をご覧頂ける「鑑賞パスポート」の他、各作品の受付で「個別鑑賞券」をご購入頂くことで個別作品の鑑賞も可能です。
・「個別鑑賞券」は一般・大学生300円/小中高校生200円/未就学児無料です。尚、インフォメーションやショップでは取り扱っておりませんのでご注意下さい。
・検温スポットで発行されるリストバンドを装着していないと鑑賞できません。ご注意ください。詳細はこちら

【メイキング映像】 2021年3月から8月末まで、延べ50日余りにわたる制作の様子を5分にまとめた動画です。

メイキング映像(5分10秒)

芸術祭の開催期間後半、同じ珠洲市のギャラリーで開催されるグループ展に参加します。私は小さな平面作品を数点出品。床の間には小さな塩のインスタレーションも制作する予定です。
奥能登トリエンナーレ2020+の会場、旧小泊保育所からギャラリーまでは車で15分です。ぜひお立ち寄りください。

2021年 10月 8日(金)~ 17日(日)
会場:舟あそび(石川県珠洲市)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる