開催中|個展:STRAIT – 海をわたる -(ガレリア・ポンテ / 金沢)

リニューアル・オープンする金沢のギャラリー、ガレリア・ポンテで個展を開催。
塩のインスタレーションのほか、平面作品も展示します。

2022年 1月 16日(土)~ 30日(日)
会場:ガレリア・ポンテ
(金沢)
石川県金沢市里見町42-8 里見町APARTMENT 102(Google Map)
11:00 〜 18:00 / 水曜休み

公開制作:1月12日(水)~ 15日(土) 11:00 〜 15:00

ウエブ版 美術手帖

「STRAIT -海をわたる-」と題した本展では、橋から見下ろした渦、潮の流れをイメージして描きます。
ダイナミックな渦潮だけでなく、潮目や橋脚の角、そして行き交う船の船尾から次々と生み出される小さな渦。生まれては消えるこれらの営みを塩で描くことによって、渦を俯瞰する、そこに在るはずの橋に思いを馳せることができる空間にしたいと考えました。
展覧会タイトルに用いた海峡を表す英単語「STRAIT」は、困難、難局という意味を持ち合わせています。しかし、海峡は視点を変えれば大切なものを運ぶ海の路と捉えることもできるでしょう。
また、今回は過去の展覧会で一度使った塩も再利用します。私は長年、会期最終日に集まってくださった皆さんと一緒に作品を壊し、集めた塩を海に還すというプロジェクトを行っていますが、国内外から持ち帰ったまま保管している塩があるため、本展ではその塩も用いて新しいかたちを生み出します。そして、かつて「海に還るプロジェクト」に参加して下った方々にもお声掛けし、もし塩を保管されている方がいらっしゃれば提供を呼び掛けたいと考えています。
私は長年、大切な人のことを忘れないためにつくり続けてきました。そして、それは今回も変わりません。しかし、ガレリア・ポンテのリニューアルに合わせ、ギャラリーの使命であり、名前の由来ともなっている「橋」から触発された作品を制作してみたいと考えたのです。

【橋の思い出】私の故郷には大きな橋が架かっています。25歳まで過ごした港町には尾道水道という名の細長い海峡があり、最も狭い場所には対岸の島に渡るための橋が架けられています。私は父の田舎に里帰りするとき、友だちとドライブするとき、数え切れないほどこの橋を渡りました。大橋から見下ろす尾道の海は常に漁船やフェリーが行き来し、橋の西側には高校生のとき登校で利用した渡船、東側にはかつて働いていた造船所も見えます。尾道大橋から眺める景色には、この町で暮らした私の歴史、時間が詰め込まれているように感じるのです。(山本基)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる